2017/4/2 日曜日

第22回 春の洋蘭展のお知らせ

Filed under: 蘭展 — yamayan @ 19:07:00

201704_2logo2.jpg


opa_shinyuri3.jpg

asyp1.jpg

恒例の春の洋蘭展を開催します。

新百合ヶ丘OPA
http://www.opa-club.com/shinyurigaoka/

dscn9843.JPG

本日、都心での桜の満開宣言が出ましたが、洋蘭も精一杯彩りを放ちます。

洋蘭クラブの係の者が蘭の花の育て方もご案内します。お気軽に声をかけてください。

=========*========*=======*=======

日時: 2017年4月15日(土)~19日(水)   10:00~21:00

会場: 新百合ヶ丘OPA1F 正面玄関フロアー(小田急線新百合ヶ丘駅南口 1分)

map.jpg

〒215-0021
神奈川県川崎市麻生区上麻生1-1-1
OPA     TEL:044-965-2121

2016/11/28 月曜日

第28回 新宿御苑洋らん展開催のお知らせ

Filed under: 蘭展 — yamayan @ 3:15:20

新宿御苑では昭和58年より洋らん展を実施しており、当会も出品いたします。まだまだ大銀杏の黄葉も見ごろの晩秋の散策にぜひお越しください。

★  「新宿御苑洋らん展」の内容

洋らんの愛好家からの応募作品約200鉢の他、新宿御苑で栽培されている洋らんを展示します。また、会場には洋らん栽培に関する相談コーナーを設け、一般の方のご相談をお受けします。

○日時:11月29日(火)~12月4日(日)

9:30~15: 30(閉館16:00)※ただし12月4日(日)の洋らん展示は15:00まで

○会場:新宿御苑内 大温室

○料金:新宿御苑への入園料が必要です。(一般200円、小・中学生50円)

★ 実施主体

主催:環境省新宿御苑管理事務所

協力:(一財)国民公園協会新宿御苑、日本洋蘭農業協同組合、蘭友会、埼玉洋蘭会、

全日本蘭協会、神代洋らん友の会、川崎洋蘭クラブ

★ 「新宿御苑洋らん展」に関するお問い合わせ

環境省新宿御苑管理事務所 担当:関・堀内

〒160-0014 東京都新宿区内藤町11

TEL:03-3350-0152  FAX:03-3350-1372

10月区民祭蘭展入賞花

Filed under: 蘭展, 今月の入賞花 — yamayan @ 2:53:00

*画像をクリックすると大きくなります。

1位・栽培努力賞 Lnt(Laelianthe) Wrigley ‘Blue Heaven’

飯草 キヌ

dscn0162.JPG dscn0163.JPG dscn0164.JPG dscn0165.JPG

2005年11月久保さんから頂きました。春、グリーンキングを施し、50%遮光の棚に置き、灌水はなしでしたが、程よく降った雨のおかげで世話なしに育ってたくさんの花を着けてくれました。ありがたいことです。根が鉢から出そうになっていますので、このままでは駄目かと思っています。大切な株ですので頑張れると思います。

2位 Gur.bowringiana fma.coerulea ‘Kabeyama’

川島 とよ子

dscn0090.JPG dscn0091.JPG

平成20年と25年のあさお区民祭の蘭展で1位になっています。その時の会報に書いてありますが、いつもこの頃に咲いてくれるので助かります。美南陽の仲田さんから14年前に購入しています。1花茎に15~16輪着きますので5花茎でもとても華やかで会場を賑やかにしてくれます。この株は成長期に戸外に出すと新芽に水が入って黒くなるので、いつも温室で育てています。肥料は成長期にモルコートかグリーンキング1回与えています。液肥はほとんどやりません。消毒もしませんが丈夫で手のかからない株です。その代り、双葉系はみなそうですが向きをそろえて見栄えよく仕立てるのに苦労しました。

3位・栽培努力賞 Gur.bowringiana fma.coerulea

安藤 美恵子

dscn0130.JPG dscn0133.JPG dscn0134.JPG

この株は今は亡き海野さんの遺品です。春に多めの置肥をして、液肥も少々したと思います。早めに形を整えて花が太陽に向くように回し、雨に当たらないようにしました。花が咲きそろって区民際に搬入する時、花茎を1本折ってしまいましたが、海野さんも喜んでくれると思います。これからも大事に育てていきたいです。

4位 C.maxima ‘K’

小疇 禮子

maxima_k.jpg

マキシマは全体的に不定期咲きと業者の方から聞いています。毎年のことながら、シースが上がって花が咲くまでの時間がとてもかかります。二十シースですからシースが膨らんで花が咲くまでとても待ち遠しく、ことに今年のように蘭展前に雨ばかりだと蕾が全開になって花色が充分に出るかが気になりました。多花性で華やかで楽しめます。

2016/10/4 火曜日

10月あさお区民まつり蘭展・例会のお知らせ

Filed under: 蘭展, 定例会予定 — yamayan @ 1:50:51

◆10月あさお区民まつり蘭展のお知らせ

1.日時     平成28年10月8日(土)、9日(日) 9:00〜17:00

※ 区民まつりは9日のみです。

2. 会場     麻生文化センター1F

3.搬入・会場設営 : 10月7日(金) 18:00より

搬出・片付け    : 10月 9日(日) 16:10より (1時間で終了)

4.催事

1) 蘭展および人気投票(例会を兼ねて開催します。大型株・小型株を区別せず、香りの審査も実施しません。)

2) チャリティ・バザー

3) 洋蘭の販売(洋蘭の美南陽)

5.蘭展の担当 : 配布されたあさお区民まつり蘭展分担表にしたがって行動してください。

6.親睦会 :蘭展初日の8日17:00よりシノワーズにて開催。申し込み、変更がある方は安藤さんへ連絡してください。(会費3,000円、追加飲み物は実費をご負担下さい。)

◆10月研修旅行

1.日時     平成28年10月22日(土) 出欠に変更がある方は安藤さんへ連絡をお願いします。

2.行先      ナーセリーイデ 『秋の洋らん展 in Fuji 』

***********************************************************

11月の予定

平成28年11月19日(土) 月例会 山内台会館

平成28年11月29日(火)~12月4日(日) 新宿御苑洋らん展

2016/4/20 水曜日

第21回 新百合ケ丘OPA 春の洋蘭展入賞花

Filed under: 蘭展, 今月の入賞花 — yamayan @ 20:10:46

*画像をクリックすると大きくなります。

~ 新百合ヶ丘OPA 第21回洋らん展 ~


◆ 4月16日~20日

春の蘭展の入賞花をご覧ください。

神奈川県知事賞

Den.primulinum(=polyanthum)

小疇 禮子

dscn9840.JPG dscn9841.JPG

この株は平成21年4月に輸入してまだ鉢植えされていないものを買いました。慣れていなかったので何年かは冴えず、昨年はバルブもしっかりして見栄えが良かったと思いますが、残念ながら蘭展の期間外でした。今年は会期にピッタリ咲いてよかったのですが栽培の結果が見えるころになってなまけていた時のタイミングが悪かったことに気が付き悔やまれました。でも花の色が鮮明で愛らしく好きです。もし元気でいればこの次も少し頑張ろうと思います。

★本株は会員人気投票で第2位、OPA来客人気投票で第2位になっています。

川崎市長賞

Arpophyllum giganteum

川島 とよこ

dscn9842.JPG dscn9843.JPG

平成13年に島崎さんよりいただいた株です 。この株は昨年の年賀状として、一部の方に写真入りで使っていますので26年春も今年並みに10花茎見事に咲いていたことになります。2年前の蘭展の時には1週間早く終わってしまい、残念ながら出品できませんでした。その時に充分仕上げた達成感があったからでしょうか、その後はこの株にはあまり熱が入らず、さらに重く嵩張る鉢のため今年は2階の無人・無暖房の部屋に放置していました。この部屋は雨戸も閉めないので明け方には5℃くらいの日がたくさんあったと思いますが、日当たりは良好で、その間3回くらいベランダに出してたっぷりと水遣りした記憶があります。低温の環境と辛い水遣りでしたが結果的にはそれで充分だったのかもしれません。植え替えも5年くらいしていませんでしたが、シースの中の蕾を見つけた時は本当にびっくりしました。何が幸いだったかよくわかりません。新芽の成長期は無遮光の戸外に置いています。強日に当たると良いと聞いています。できればこのあと、植え替えをしようと思っています。

★本株は会員人気投票で第1位、OPA来客人気投票で第1位になっています。

川崎洋蘭クラブ会長賞

Lyc.Hitomi

浅田 光

dscn9844.JPG dscn9846.JPG

昨年11月、アボウオーキッドから未開花株を購入したものです。以前にも購入しましたが、Hitomiは概ね大型整型でよい花が咲きます。白から赤まで色々咲きます。多花性ですので花数を少なくすればもう一回り大きな花が期待できると思います。冬期15℃で新芽が出てからは水を切らさないようにし、施肥をします。花芽が出てからも1,000倍~2,000倍の液肥を月2回くらい与えると良いようです。一番の問題は夏の猛暑をどう乗り切るかです。

川崎商工会議所会頭賞

Tricocentrum splendidum

安藤 美恵子

dscn9849.JPG dscn9850.JPG

この株は中米グアテマラ、ホンジュラスに現生する蘭です。中藤洋蘭園から求めました。厚葉のオンシジウムは可愛がらず、置きっぱなしが良いと思います。過湿は嫌いで、夏でも乾かし気味で雨にも当てず、冬は水は控えめでぬらす程度でよいと思います。肥料は置肥、液肥は普通でカトレアと同じです。

神奈川県園芸協会会長賞

Paph.Fumi’s Delight ’Nicon’

小佐野 滋子

dscn9847.JPG dscn9848.JPG

中藤さんの当たり交配です。花の色はよく、形は丸くて気に入っておりますが、大きさがもう少しあるとよいのに残念です。来年に向けて株の充実に心がけていきたいと思っております。パービセパラム系の育て方はまだ良く分かっていません。手探りで栽培しております。上手な方、教えてください。

ホテルモリノ賞

Den.Jacquie Stocker

成田 英一

dscn9851.JPG dscn9853.JPG

平成25年11月のグロワース株です。その時植え替えてから一度も植え替えしていませんので、今年は植え替えた方が良いかもしれません。肥料はあげた記憶がありませんし、形跡もありません。5月から寒冷紗のある屋外に出し、11月に温室に入れます。この株は実生のため、いろいろな色の花が咲き、時期によっても多少は変わりますが、今回の色はあまりよくありませんでした。

新百合ヶ丘OPA賞

C.intermedia fma.orlata ‘Imperial Ruby’

石田 和子

dscn9854.JPG dscn9855.JPG

2012年4月に中藤さんの蘭展で求めた株です。インターメディアは寒さに強いようで、最低温度は10℃前後に設定しています。他に気を付けることは別にないのですが、植え替えは毎年行っています。

次のページ »

HTML convert time: 0.115 sec. Powered by WordPress ME