2014/3/15 土曜日

3月例会入賞花

Filed under: 今月の入賞花 — yamayan @ 18:18:34

 税務署の 三椏真っ赤 納税期 (浅田 光)

c0d6bbb0dbf3a4ceb2d680.JPG

3月、早春です。会報の今月の句も早春の花を詠まれていました。当会の花も春の花で満たされ、素晴らしい例会でした。いろいろな視点から花をご覧いただきたく、つい、写真が多めになってしまいました。

dscn6715.JPG dscn6716.JPG dscn6714.JPG

*画像をクリックすると大きくなります。

1位 Den.harveyanum

成田 英一

dscn6706.JPG dscn6707.JPG dscn6708.JPG

平成17年6月サマーランドの蘭展でベトナムオーキッドから購入。購入時からオスマンダみたいな植込み材に植え付けてありましたので、そのままヘゴ鉢に植えていましたが、あまり成長が良くないので、数年前から現在のヘゴ板に固定しています。タイの原産で、水苔、ヘゴ付け、コルク付け等、いろいろやっていますが毎年新芽は出ますけど、成長しきれないで途中で止まり、枯れることはないですが、年々小さくなってしまいます。本株だけは元々付いていたオスマンダ?と水遣りと日照、風等のバランスが良いのか、毎年花を付けてくれます。(但し株は大きくならない。)5月から寒冷紗のある屋外に出し、11月に温室に入れています。施肥はほとんどやっていません。何時まで枯れないでいてくれるか分かりませんが、ヘゴが痛むまで現在のままでいようと思います。

2位 Rlc.Twenty First Century ‘New Generation’

小疇 禮子

dscn6690.JPG dscn6692.JPG dscn6691.JPG

22年2月に東京ドームで須和田から購入しましたが、我が家の他の鉢が水苔植えなのでバーク植えの鉢を22年6月に水苔植えに揃えた方が管理しやすいかと思って植え替えました。花見本を見て買ったはずなのですが、こんなに大きい花(NS17.0×17.0)が沢山ついて香りも良いので、驚いたり嬉しがったりしています。 原種と一味違った良さを楽しんでいます。

4位 Den.nobile fma.carnea

石田 和子

dscn6693.JPG dscn6696.JPG dscn6694.JPG dscn6695.JPG dscn6697.JPG

平成19年に国際園芸にいた風間さんからいただいた分け株です。ノビルは育て易いという成田さんのコメントですので、特記することはあまり無いのですが、夏は無遮光で風通しのよい場所に吊るし、朝、晩与えました。肥料はおまかせと液肥です。来年は植え替えるつもりです。

3位 Den.primulinum

安藤 美恵子

dscn6702.JPG dscn6704.JPG dscn6705.JPG dscn6703.JPG

5年前、中藤洋蘭園より求めました。毎年可愛らしいピンクの花を咲かせてくれるので大好きです。花が終わったら新芽が出ているので、おまかせやモルコートなどの肥料をします。液肥は週1度くらいすると思います。夏の灌水はたっぷりで冬は最低12度くらいのところに置いて水は控えたと思います。今年はいつになくよく花を付けてくれました。今後はこのまま育てたいと思います。

小型1位 Den.Mini Snowflake(aberrans×jonsoniae)

小佐野 滋子

dscn6698.JPG dscn6701.JPG 

我が家に10年以上いる株です。何年たっても大株にならず、1年に一芽出てくれれば良い方です。ただ、バルブのてっぺんに何度も次の年に花が咲きます。可愛らしい花なので大株にしたいものですが、ままなりません。

良花賞 Lyc.Cherish(Shoalheaven×Chita Melody)

池上 綱子

dscn6709.JPG  dscn6710.JPG dscn6711.JPG dscn6722.JPG

五島園芸から昨秋購入しました。Shoalheaven’Kitazono’×Chita Melody で、赤~桃、セミアルバ~白まで色々な花が咲くとのことでしたが、欲しかった淡いピンクに赤リップで希望通りの花が咲き、ラッキーでした。来年の備え、早めに花を切り、一廻り大きなプラ鉢に細かいバークで植え替えをする予定です。

*仲田さんからリカステ良花の説明をしていただきました。

香りの審査 Dendrochilum glumaceum

飯草 キヌ

dscn6712.JPG dscn6713.JPG

******************************

◆例会の株から

Den.usitae (’Red Coral’ ×self)

dscn6718.JPG dscn6717.JPG

当会のグロワース頒布株です。 大谷さんが良く作られておりました。毎日水をやるそうです。

Angcst.Olympus

dscn6719.JPG

島崎さんがお持ちになった花。モザイクの不思議な模様は、この花の特性だそうです。

C.nobilior

dscn6721.JPG

大谷さんの愛培のノビリオール。やはり作りが素晴らしい。

Epc.Rene Marques ’Flame Thrower’

kawashimasan.jpg dscn6723.JPG dscn6725.JPG dscn6726.JPG

川島さんの素晴らしい作りのエピカトレア。東京ドームへは、日本画で出品されました。

ほかにも多くの素晴らしい花が出品されており、人気投票入賞花は大変接戦です。とてもご紹介しきれないので、ぜひ、例会を見にお越しください。

******************************

◆3月のイベント

島崎さんの株市

dscn6729.JPG dscn6730.JPG

美南陽 仲田さんを招いての蘭の解説と、植え替えの実習。

dscn6732.JPG

パフィオの植え替えは、このように長い鉢を使用します。

dscn6734.JPG dscn6733.JPG

ミックスコンポストはオリジナル。バークが多めです。バーク植えは簡単です。鉢にコンポストを入れた後、トントンたたきます。

dscn6737.JPG dscn6735.JPG

やはり、カトレアは古い根を全部落としてしまいました!

dscn6736.JPG

素焼き鉢×ミズゴケで植え替え、動かないよう固定します。

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

現在コメントフォームは利用できません。

HTML convert time: 0.281 sec. Powered by WordPress ME